HIFU(ハイフ)で脂肪は除去できる?気になる効果や注意点を紹介します。

痩身エステのHIFU(ハイフ)とは?

太って見える共通する悩みは、ズバリ!“脂肪が多い”ことですよね!!
特にお腹やお尻、太ももなどは摘めるほどの余分な脂肪がつきやすく、自分でマッサージをしたり、食事改善や軽い運動をしたくらいでは落ちません。

 

脂肪をすっきり落としたい方のために、痩身エステでは脂肪細胞をダイレクトに燃焼させるHIFU(ハイフ)という痩身マシンが使われています!

 

シーズラボHIFUのイメージ写真

出典:シーズ・ラボ
https://www.ci-z.com/campaign/hifubody/

 

HIFUは「強力集束超音波」(High-Intensity Focused Ultrasound)のことで、医療の現場でも使われている技術を痩身美容の目的に合わせて作られたマシンのことを言います。
それではHIFUの特徴をわかりやすくご紹介していきましょう。

 

HIFUの特徴
  • 脂肪細胞を燃焼破壊させて、サイズダウンが期待できる
  • 脂肪層だけに超音波エネルギーを集めるので、効率が良い
  • 表皮に負担がかからない
  • リバウンドしにくいダイエットができる
  • お肌の引き締め効果もあり

 

HIFUの魅力は、脂肪細胞を体外に排出し除去することができること!
脂肪除去と聞くと脂肪吸引のようですが、HIFUは体に傷を付けることなく安全にできる利点があります。
熱によって破壊された脂肪細胞は2週間〜3ヶ月ほどかけてゆっくり体の外へ排出され、徐々に体が引き締まっていくのも嬉しい効果。
脂肪の量が多めの方は、HIFUを取り入れた痩身エステでサイズダウンを目指してみてください!

 

 

HIFUがおすすめの人とは?

お腹のお肉を気にする女性

 

  • 分厚い脂肪をとにかく減らしたい
  • 気になるところだけ部分痩せしたい
  • リバウンドしない方法が良い
  • お肌の引き締めもしたい
  • 楽に痩せたい

 

 

HIFUの効果まとめ

ウエストのマッサージ

 

それではHIFUの効果をもっと詳しくご説明していきたいと思います!
注目の効果は3つです!

 

脂肪層をダイレクトに燃焼破壊

お肌の表面から1.3cmの脂肪層に、1点集中型の超音波エネルギーを当てて脂肪を燃焼破壊します。
気になる部位に何ショットも照射していきます。
他の組織を傷つけず、また脂肪層までダイレクトに届くのがHIFUの利点です。

 

 

脂肪細胞がゆっくり排出されていく

破壊された脂肪細胞は、体内の白血球によって処理され、2週間〜3ヶ月ほど時間をかけて体外は排出されます。
そのため、照射部位は時間をかけてサイズダウンしていきます。
脂肪自体を体外へ排出するため、リバウンドが起りにくいのも嬉しい効果です。

 

 

お肌の引き締め効果も

深部の脂肪層に熱を届けることによで肌細胞が刺激され、コラーゲンの生成を行います。
それにより、お肌にハリや弾力が蘇り、たるんだ皮膚を引き締める美肌効果も期待できます。

 

このように、HIFUは脂肪細胞を直接破壊して除去できるのでリバウンドをしにくく、サイズダウンが期待できるんですね。
数週間かけて徐々にサイズが変わっていく変化も見ものです!

 

 

HIFUの注意点はある?

腕でバツ印を作る女性

 

HIFUは脂肪除去にとても効果的ですが、知っておいていただきたいデメリットもあります。
ここでは4点ご紹介いたします。

 

部位が限られる

HIFUは皮膚表面から1.3cmの深さの脂肪層を燃焼させます。
そのため、脂肪が薄い部分に当ててしまうと火傷や怪我の恐れがあるので、脂肪が2cm以上の厚みがある部位でないと施術を受けることができません。
二の腕や背中は避けたほうが良いでしょう。

 

 

施術の範囲が狭く、やや割高

エネルギーを集約して放出するので、1回のショットが1㎠ほどのピンポイントの施術になります。
広範囲の脂肪をケアするのであれば、キャビテーションの方が適している場合もあります。
また、範囲が狭い割に料金が少し高めです。

 

 

エステサロンでは威力が弱めのマシン

美容クリニックでもHIFUを受けることができますが、エステサロンで取り扱っている機器よりも威力が高く、医師でなければ施術をすることができません。
エステサロンでは低出力のもののみが導入されています。
より高い効果を望むなら、美容クリニックを検討しても良いかもしれませんが、費用がかなり高額になるのが気がかりです。

 

 

怪我の事例もあり

間違った使い方をすると、火傷や怪我につながり兼ねないHIFU。
国民生活センターにトラブルの事例が掲載されています。
HIFUを受ける際は、実績のある信頼できるサロンを選ぶようにしましょう。
国民生活センターHIFUのトラブル事例

 

以上がHIFUの注意点です。
効果が高く人気がある一方で、知らないと怖い特徴もありますね。
HIFUを受ける際は、カウンセリングをしっかり受けて、メリットだけでなく注意点の説明も怠らないサロンが良いでしょう。

 

 

HIFUが体験できる注目サロン!

本当にHIFUで脂肪が減るのか、1回だけでも体験してみないことには信じられませんよね?
そこで、HIFUが組み込まれた体験コースがあるサロンを調べてみました!
脂肪にお悩みの方は必見です。

 

サロン名 体験料金 内容 脂肪・セルライトへの効果 コスパ 特徴
ブルーム

ウルトラハイフ初回お試し体験コース1箇所
50分 5,400円
(通常価格 21,600円)

気になる部位を選択し500ショット 4 4 気になる部位を1か所選んで体験できるシンプルなメニュー。
SBS TOKYO

痩せたい部分にピンポイント完了コース
40分×3回 10,692円
(通常価格 127,656円)

HIFU/ラジオ波/EMS/食事アドバイス 4 5 HIFUに加えて総合ケアができるコース内容。3回受けて効果を確かめられるのも嬉しい。
シーズ・ラボ

ウルトラCiハイフ初回お試しプラン
5,400円
(通常4800ショット 75,600円)

HIFU 1600ショット/ラジオ波 4 4 医師監で安心。気になる部位で試せる。恵比寿本店と表参道店限定。

(価格は税込です。)

 

ブルームとシーズ・ラボではHIFUを中心にしたメニュー内容になっているので、HIFUの効果を確かめたい方にはおすすめ。
特にシーズ・ラボは医師監修なので、安全性への意識が高いと言えます。
一方、SBS TOKYOでは、HIFUだけでなくラジオ波やEMSなども一緒に受けられ、3回セットのプランになっているので長期的な効果を確かめたい方におすすめです。

 

 

まとめ

ソファで横たわる女性

 

HIFUはとにかく脂肪をどうにかしたい!という方におすすめの痩身マシンです。
脂肪を破壊して除去できるので、リバウンドしにくのもダイエットをする上では嬉しいポイントですよね!
しかし、施術できる部位が限られることや、範囲が狭く数週間かけて痩せていくことなどは、人によって向き不向きがあるかもしれません。
気になる方は体験コースを利用して、HIFUを試しつつ、自分に合っているかサロンに相談してみると良いでしょう。